レポ
クラウドで
伸びる人沈む人

連絡特定商取引将来設計運営方針&メルマガSEの彼女は?
成功レポート集 Fedora9インストール! EclipseでJava Oracleバックアップのアーキテクチャ ゼロからHPでCGI 便利ネット知識
無料レポ&講習 IT業界の実態 linux処方箋 Java処方箋 Oracle処方箋 Perl処方箋
レンタルサーバーに接続(アクセス)してみよう

<概要>


レンタルサーバーも借りてFTP(FFFTP)の初期設定も終わりましたね。


では、いよいよ、レンタルサーバーに接続(アクセス)してみましょう。
IDとパスワードを間違えないでくださいね。

あと、レンタルサーバーと契約したときに貰ったIDとパスワード
忘れないところに保管しておいてくださいね。

<アカウントを確認しましょう>


接続(アクセス)する前に、
レンタルサーバーを借りたときに付与された、アカウント情報をみてみましょう。

以下の3つが、あなたのお手元にありますね。

・FTPアカウント
・パスワード
・FTPサーバ(IPアドレス)


<(レンタル)サーバーに接続>


お手元のアカウントを確認したところで、(レンタル)サーバーに接続(アクセス)してみましょう。

では、デスクトップのFFFTPをダブルクリックしましょう。



新規ホストをクリック。



以下を入力してください。

ホストの設定名:なんでもよいです。あなたのわかりやすい名前をいれましょう。
ホスト名:FTPサーバー、もしくはIPアドレスをいれましょう
ユーザ名:FTPアカウント
パスワード:パスワード

入力後、OKをクリック。(※以下の画面は、私の場合の例です)



ホスト一覧に、登録したホスト名が表示されます。接続をクリック。



「暗号化の状態の保存」は「はい」をクリック。



FFFTPの下窓をちょっと広げてみてください。
数字で「257」と出れば、接続(アクセス)成功です。




もし、パスワードを間違えると、以下のような画面になります。



また、FTPサーバー(IPアドレス)を間違えると、以下のようなメッセージが出ます。





とにかく、エラーが出たら、以下の
3つを確認してくださいね。

・FTPアカウント
・パスワード
・FTPサーバ(IPアドレス)


<ディレクトリを移動しよう>


あなたのパソコンとサーバーが接続できました。

この画面ですが、
左側があなたのパソコン右側がサーバーです。



赤線のアイコンをクリックすると、親ディレクトリに移動できます。



また、中窓の赤線のアイコンをクリックすると、子ディレクトリに移動できます。



※↑の画面は、私のサーバーンの例です


このように、あなたのパソコン、サーバー、
各々で自由にディレクトリが移動できる操作を覚えてください。

前へ次へ

PGとSE、372人の将来設計プラン・・・

緊急レポ:クラウドで伸びる人沈む人
Copyright © 2005-2016 SearchMan,All Rights Reserved.