レポ
クラウドで
伸びる人沈む人

連絡特定商取引将来設計運営方針&メルマガSEの彼女は?
成功レポート集 Fedora9インストール! EclipseでJava Oracleバックアップのアーキテクチャ ゼロからHPでCGI 便利ネット知識
無料レポ&講習 IT業界の実態 linux処方箋 Java処方箋 Oracle処方箋 Perl処方箋
FTP(FFFTP)の初期設定をしておこう

<概要>


FTPの準備もできた。さあ、いよいよ、CGIファイルをアップロードだ!!
でも、ちょっとまったあ。


ここで、CGIファイルをアップロードしても、まずエラーになります。
原因不明のエラーに泣くことになります。


何故か??


本には載っていませんが、
重要な初期設定をしていないからです。

FFFTPの初期設定をしておきましょう。

<初期設定をしないとエラーがでます>


今から説明する初期設定をしないと、こんなエラーが必ず出ます

「Internal Server Error」

まあ、失礼ですが、素人さんには、はっきり言って理解不能でしょう。



で、こんなエラーが出てきて、原因がわからずに、
嫌になってしまうのですよね。


では、どうするのか?
↓の初期設定を行いましょう。

<初期設定を行う>


こんなエラーを起さないためにも、
FTP(FFFTP)ソフトの初期設定をしておきましょう。


まずは、デスクトップのFFFFTPのアイコンをダブルクリックします。

ダブルクリック



FFFTPが起動して、ホスト一覧が出てきますが、閉じるをクリック。



オプションの環境設定を選びます。



ここが重要です!!順番通りにやってくださいね。
環境設定を選ぶ→転送3→追加→ファイル名に「*.cgi」を入力、属性に「755」を入力して、OKをクリック。



ファイル名に「*.cgi」、属性に「755」が入ったのを確認して、OKをクリック。



初期設定が完了です。一旦、FFFTPを閉じましょう。



以上で、初期設定完了です。
拡張子にcgi(例えば mail.cgi や xxx.cgi など)がつくものは、755でアップされます。


これで、
不要なエラーに悩まされません。


<cgiの755は何か?>


さて、以上で、FTP(FFFTP)の初期設定が終わったわけです。


この先は、初期設定の内容について、もうちょっと詳しく知りたい方がお読みください。
初心者で理解できない場合は、以下の内容は、さっと読み飛ばしてけっこうです



さて、このFTP(FFFTP)の初期設定の意味するところは、拡張子がcgiのファイルは、(レンタル)サーバーにアップするときに、自動的にアクセス権限(パーミッション)が755になるということです。


実は、レンタルサーバーの各ファイルには、アクセス権限というのがあって、3桁の数字で管理されています。通常は、htmlファイルは644、CGIは755、ログは666などに設定します。


※数字の意味は、ここでは割愛しておきます。話すと・・・・とっ〜ても長くなりますので。


で、何が問題かというと、FTP(FFFTP)をインストールしたままで何も設定をしないと、サーバーにアップするファイルは全て644になってしまうのです。

644は、CGIのアクセス権限と一致しないのです。

結果、CGIファイルもアップして、ブラウザからアクセスすると、↓こんなエラーが出てしまうのです。

「Internal Server Error」



そこで、上記のような初期設定を行い、
CGIファイルのアクセス権限(パーミッション)は、自動的に755になるようにしたのです。


初心者のうちは、この手のエラーで悩みまくることになりますので気をつけましょう。


とにかく、レンタルサーバーにアップする
CGIは755です。と覚えておきましょう。

前へ次へ

PGとSE、372人の将来設計プラン・・・

緊急レポ:クラウドで伸びる人沈む人
Copyright © 2005-2017 SearchMan,All Rights Reserved.