レポ
クラウドで
伸びる人沈む人

連絡特定商取引将来設計運営方針&メルマガSEの彼女は?
成功レポート集 Fedora9インストール! EclipseでJava Oracleバックアップのアーキテクチャ ゼロからHPでCGI 便利ネット知識
無料レポ&講習 IT業界の実態 linux処方箋 Java処方箋 Oracle処方箋 Perl処方箋
依存性の欠如について

<IT技術の処方箋:依存性の欠如について>



Linuxで、あるパッケージをインストールしたとします。
↓のような感じで。

# rpm -Uvh elfutils-libelf-devel-0.*


その時に、↓のようなエラーが出る場合があります。

エラー: 依存性の欠如:
elfutils-libelf-i386 = 0.130-3.fc8 は elfutils-libelf-devel-0.130-3.fc8.i386
に必要とされています。


これは、つまり、
elfutils-libelf-devel-0.* のうち、
elfutils-libelf-devel-0.130-3.fc8.i386 をインストールするためには、
elfutils-libelf-i386 = 0.130-3.fc8 が必要です(欠如しています)。

と言っているわけです。

(この分かりにくいエラーメッセージ、なんとかならんのかいな?)


で、この依存性のエラーに対する一時的な解決案があります。
それは、依存性の欠如を無視して、インストールを行うこと。

↓のようにします。
# rpm -Uvh --nodeps elfutils-libelf-devel-0.*


--nodeps が依存性をチェックしないオプションです。


まあ、これだと根本的な解決にならない場合も多いので、
そういう場合は何が欠如しているか?を探る必要があります。


メッセージを見ると、↓なのですが、
elfutils-libelf-i386 = 0.130-3.fc8


どうやら、これは、↓のようにする意味です。
# rpm -Uvh elfutils-libelf-0.130-3.fc8.i386.rpm

慣れてきましたか?慣れてきたら、
Linux自宅サーバーの注意点チェック

クラウドで伸びる人沈む人 ||Copyright © 2005-2018 SearchMan,All Rights Reserved.