レポ
クラウドで
伸びる人沈む人

連絡特定商取引将来設計運営方針&メルマガSEの彼女は?
成功レポート集 Fedora9インストール! EclipseでJava Oracleバックアップのアーキテクチャ ゼロからHPでCGI 便利ネット知識
無料レポ&講習 IT業界の実態 linux処方箋 Java処方箋 Oracle処方箋 Perl処方箋
お肌の曲がり角は、技術力の曲がり角、あなたはどうする?

<IT技術の処方箋:お肌の曲がり角は、技術力の曲がり角、あなたはどうする?>



そうですねえ、20代の後半〜30代の前半は、
誰もが天下を取ったような気分になるのです。


何せ、一番現場のことをわかっているし、
技術的にも一番出来てしまうので。


俺はプログラムを書けるけど、先輩はプログラムを書けない。
「俺は技術力が一番ある」「きっとこのまま一番であり続ける」
そんな風に思ってしまうのも無理はないのです。


それが不思議、不思議。30代半ばを過ぎる頃、
新しい技術が出てくると、何故か若い人のほうが覚えが良いのです。


まあ年齢を重ねると、管理のような仕事も増えてきますので、
技術ばかりを勉強しているわけにはいかない事情もあるのかもしれません。


20代後半の頃、「いつも頼りにされていた自分」が
30代後半では、「若い人に頼る自分」と変身していくのです。


最近では年功序列も崩れてきているので、この年齢だと
何で飯を食っていくのか?を考えていかなければならないようです。


技術をがんばって突っ張っていくのか、
人を管理するマネジメントでいくのか、
今までの人脈を生かして新しい仕事をアレンジしていくのか、
新規事業をみつけていくのか。


40代に花を咲かせるのは大変です。

まあ、40代になって、なんとなく会社にいて、
なんとなく生きていく人が大半ではありますが。




PGとSE、372人の将来設計プラン・・・

緊急レポ:クラウドで伸びる人沈む人
Copyright © 2005-2017 SearchMan,All Rights Reserved.