弱気SEが10日間でダントツマネージャー
日経コンピュータによると、
システム開発プロジェクトの
7割が失敗です。

なのに・・・・その対策は、
「メンバーとコミュニケーションとろう」って。


これでは、
具体策が無いというか、はっきり言って
幼稚過ぎです。

もっと、プロジェクト失敗の
現実的な原因を突き詰め、
具体的な対策
を考えてみませんか?



セミナーに通うが、
実際の現場では、どうもその通りに出来ない

日経コンピュータによると、
システム開発プロジェクトの7割は失敗です。


何故失敗してしまうのか?

多くのマネージャーは、数万円の費用をかけてセミナーや講習に通いますね。


私も今まで何回もPM、PL(プロジェクトマネージャー、プロジェクトリーダー)の
セミナーや講習会に参加しましたが、

実際の現場では、全然違うと感じています。


セミナーの主張は、正しいことは正しいと思いますが、
ややもすると机上の空論の臭いがする。

そこで、まずは、私が感じている
セミナーの定説」と現場のギャップを解説します。

アナタなりに、その辺の検証を行ってみてくださいね。



セミナーの定説

説1:進捗は、WBSで管理しましょう。
WBS(Work Breakdown Structure)って知っていますか?
WBSは何かって話は長くなるので割愛しますが、簡単に言うと、
ある戦略を達成するために、作業を細分化(1週間程度の作業)して、
担当者を割り当てた表です。

その表は紙でも何でもいいのですが、
マイクロソフトのMSプロジェクト」というソフトが一般的には有名です。
セミナーでも、このソフトを紹介されました。

このソフトを使うかどうかは別にしても、
まあ、プロジェクト管理では、WBSは必須のツールであることは確かです。

で、問題なのは、
このツールを使えばプロジェクトがうまくいくと勘違いしてしまうこと

これ本末転倒です。このツールを使う前提は、
プロジェクト終了時点までの大きな作業が俯瞰(ふかん)されていて、
メンバーで合意ができているときですよ。

自分勝手に、このツールを使ってWBS作っても、絶対にうまくいきませんからね。
そういうのを自己満足っていいます。

アナタの隣にもいませんか?
WBSだけ、ガチャガチャ描いて悦に入ってしまっている人。

アナタは、そんな風にならないでくださいね。


説2:要件定義をしっかり決めましょう
まあ確かに現場でも、この言葉は聞かれますよ。
「要件定義がはっきりしないから、プログラムが書けません」って。

もちろん要件定義はしっかり決めなければいけませんが、
実際の現場では、そんなに綺麗なものじゃないです。

現場を知らないコンサルタント的に言うと、
要件定義は、ユーザーとしての利便性、複雑な使い方、想定外の操作を全て考慮し、
システムに使うネットワーク、ハード、ソフト、全ての環境を考慮する。
さらに、容易な運用ができ、トラブルやバックアップなどにも配慮してある。

そんな書類らしいです。

でも、そんな要件定義を書けるスーパーマン、本当にいるのでしょうか?
そんな人がいるのだったら、お目にかかりたいです。



説3:コミュニケーションをとりましょう
マネージメントセミナーの十八番(おはこ)ですねえ。
結局、SEはコミュニケーションが足りないとか、そんな結論でお茶を濁してしまう。

マジメな人は、これをまにうけて、
「挨拶から始めましょう」とかやっているようですが、
そんなんで根本的問題が解決するわけがないです。小学生じゃあるまいし。

もうちょっと仕事上のコミュニケーションを具体的にどうするのか?
ってところから始めたいものですね。



説4:ステークホルダー(利害関係者)と調整しましょう
まあ、これも確かに正しいですよ。でもね、
現場では、もっと具体的にどうするか?って聞きたいのです。
どういう武器を使って、どの時期にどんな方法で利害調整するのか?
ってことを我々は知りたいのです。

こんな薄っぺらいこと言われても、現実にどうやって応用するのか?
やりようがありません。



説5:進捗会議を週一回開きましょう
これも、いいかげんな話です。

なんで週一回なのでしょうか?必要な時に必要なだけ会議やればいいじゃない。
必要なければ、会議しない時期があってもいい。

いや、そもそも進捗会議を週一回開いても、
なんら根本的な問題が解決しないのです。

問題は、どうやって会議を運営するのか?
何を決めなければいけないのか?
そのへんをはっきりしなければ、
ただ週一回会議を開いても、たんなる顔合わせにすぎません。


説6:メンバーのモチベーションをアップに夢を語る
メンバーのモチベーションをあげたほうがいい、という話には賛同します。

ただ、私が参加したセミナーでは先生がこんなこと言うのです。
「メンバーのモチベーションを上げるためには、
あなたの夢を語りましょう」って。

これまた全然ピンと来ないんですよね。
私の夢を知りたいの?
よっぽど親しければ別でしょうが、仕事上のつきあいしかしていないのに、
私の夢を語ってどうするんでしょ?

私には、理解できませんでした。どうも、ピントがずれています。




まあ、こんな感じで、要するに
セミナーで教えてくれる内容は、現場と何かズレてます。

内容は、間違ってはいませんでした。大きな方向性もあっています。
でも、「こっちが正しい」といくら叫んでも、現実の世界はなかなか動かないのです。


要するに、その知識を使うための方法論が、セミナーでは
現場レベルまで落ちていないのです。

何故、こんなことになってしまっているのか?
ここでは深く追求しませんが、
私がセミナーで聞いている限りでは、方法論を抽象化しすぎています。

確かに、抽象化して一般論にすると、こんな結論がでてくるのでしょうが、
現場ではもっと具体的な方法論を聞きたいと思うのは、私だけでしょうか。

もう最大公約数的な話はいらないのです。
抽象化は、たくさんの具体論を聞けば誰だって出来るのです。
今、我々が現場で本当に欲しいのは、もっとリアルな具体的方法論です。

だって、アナタは、机上でなくて

実際にプロジェクトを回さなくてはならないからです。


3年間の体験をノートに取り続けました
そう考えた私は、
自分が初めてプロジェクトマネージャーに任命されてから3年間、
自分が体験したことをメモに残してみました(もともとメモ魔なのですが)。
そのノートは7冊にもなりました。

もちろん、その3年間は成功したこともあれば、
失敗したこともありますが、今回 そのノートを見返して、
現場の方法論としてまとめ上げてみました。

もし、アナタがプロジェクト管理に迷っているようでしたら、
↓続きをお読みください。




私のプロジェクト論

私はノートを振り返り、一般的に通用する具体論をまとめてみました。
ちなみに、こちらが目次になります。





以上が目次ですが、このレポートを読めば
結局、こんなことなのです。

<弱気SEだった私が何故プロジェクトを成功させ続けているのか、そのパターンがわかります>

私はSEとしては優秀なほうだと思いますが(自分で言うか!)、実は気が弱いです。
こんなんでマネージャーに成れるのか?と不安でしたが、なんとかやっています。

それは、このノートを振り返り、マネージャーが実践することをパターン化しているからです。
マネージャーというと、鬼軍曹のような気の強さが必要に思われますが、
そんなことはありません。

まずは、具体的な必勝パターンを覚えたほうがいいと思います。


<要件定義のウソを喝破し、実はその期間にやる事がわかります>

上で述べましたが、完璧な要件定義を書くというのは、(ある意味)無理です。

じゃあ、その期間は何をするのか?という話になります。

失敗プロジェクトの多くは、要件定義期間がヒマになっています。
実は、その期間にやっておかなければならないことがあります。
その具体的内容と実行方法を教えます。


<技術者でもないのに、何故かプロジェクトマネジメントできる人がいます>

技術的問題で行き詰まっているときに、
技術者以外の人が、スパッと問題を解決してしまう状況に遭遇したことがあるのではないでしょうか。

技術的な問題なのに、何故、技術者以外の人が問題を解決できるのでしょうか?
そのポイントを解説して、アナタのマネジメント力をぐっと上げてみせましょう。


<「挨拶をしよう」なんて陳腐な方法論でなくて、もっと実践的なメンバーの調教方法を教えます>

メンバーがアナタに従わなければ、どの道プロジェクトはうまくいきません。
命令に従わせるためには、最初に調教が必要になります。

この調教方法を失敗すると、下手するとアナタは総スカンを食らいます。
だからといって、おっかなびっくり「挨拶をしましょう」なんて生ぬるいことやっていても、
これも失敗します。

では、どんなパターンがいいのか?絶対にする黄金パターンを教えましょう。


<アナタが小僧のように使いまわされること無く、ステークホルダーの調整方法を教えます>

ステークホルダーの調整は、完全なコツがあります。
たぶん、出来る人にとっては常識なのでしょうが、出来ない人は出来ないんですよね。

出来ないとどうなるか?あっち行って調整、こっち行って調整、結局何も決まらない。
いや、下手すれば、全部アナタに責任がおしつけられます。

そんな状況を打破するためのコツを教えましょう。


<メンバーが言い訳することが出来ずに、期日どおりに作業を完了するための方法を教えます>

メンバーに作業を頼むのですが、期日に遅れてくる奴っているんですよね。
色々と言い訳して。

でも、この言い訳を許さずに、必ず期日通りに作業を完了させる方法を教えます。
この方法を実施するだけで、メンバーは言い訳できませんし、
アナタのスケジュール管理の精度は格段に上がります。


<コンサル的な机上の空論を脱し、提言を本当に実行する人間になれます>

プロジェクトって、もっとドロドロしているんですよね。
背景には、縦割りの組織的な問題、個人的な怨念もあるので、机上通りにいかないのです。

だから、まずは、プロジェクトに関わる人間模様をよーく観察する必要があります。

そんな背景を解きほぐし、プロジェクトを着実に一歩一歩進める。そんな視点をもてるようになります。

ただし、
こんな場合は、レポートは不用です
私も今まで何回もPM、PL(プロジェクトマネージャー、プロジェクトリーダー)の
セミナーや講習会に参加しましたが、

そこで学ぶ一般的な解決手法の結論は、おおむね
以下のようになります。

 ・上流工程をしっかり決めましょう。
 ・進捗はWBS(Work Breakdown Structure)で管理しましょう。
 ・進捗会議は、最低週一回開きましょう。
 ・ステークホルダー(利害関係者)との調整をしましょう。
 ・モチベーションを大事にするために夢を語りましょう。
 ・コミュニケーションをとるために、メンバーに話しかけましょう。

「こういうテクニックをより深めたい」という場合は、
このレポートは不用です。というか、そういうことは書いてありません。


今回のレポートは、上記のようなことを学んでも、
何かピントがずれている、もっと本質的で、現場にマッチした何かがあるはずだ?

そう思った私が、自分のメモをとりつつまとめたものです。
そこは、一応注意してくださいね。





ちなみに、このレポートを購入して頂いた方からは、
こんな感想を頂いています。

<神奈川 新入社員人さん>

「弱気SEが10日間でダントツマネージャー」一気に熟読させていただきました。

大変面白かったのは言うまでもないことですが、議事録の活用に関しても、
マネージャーとしての立ち居振る舞いに関しましても、
苦労してもなかなか知ることが出来ない貴重な情報を得たと感じました。

また、貴重なお話を毎回メールして頂き、誠に有難うございます。

私も、IT業界での仕事を通じて社会貢献していきたいと考えております。
4月に入社したばかりなので、まだまだこれからの人間ではございますが、

佐藤様の貴重な体験談や考え・お話の影響を受け、
立派なSE、PL、PM、となっていけるよう精進して参ります。

<女性 SE>

貴コンテンツ「弱気SEが10日間でダントツマネージャー」すばらしいですね。

現在、私は現役ではありませんが、以前、仕事でできるわけない期限を急に言われたり、
はやく教えてくれなかったのに私がサボッてることになった等の不満を持ちました。

コミュニケーションの不足と私も他の人も思いましたが、そんな底の浅い問題じゃないんですね。
よくわかりすっきりしました。

それから一般的なボランティアなどにも応用できそうです。

私は猫好きなので、野良猫の世話にもかかわってますが、
動物愛護家が理想の高いことを言ったり、まじめにやらない人がいたり、
働き過ぎる人がいたりするんですよ。むしろ非営利だから会社よりひどいくらいです。

とても参考になりました。
ありがとうございました。

<セールスもやっていた、堀さん>

生々しい体験談に、びびりながら、一気によみました。

まさに理論でなく、実体験から導いたすごいやり方だと思います。
これまでのPM系のどの本でも読んだことがありません。

そもそもの前提がまったく違うことにまず驚きました。

私はセールスをやっていたので、テストクロージングをかけるとか、
よい客を選んで長く付き合うということは少し知っているのですが、
IT業界でこうして生々しく実践されている方というのは、まわりでは見たことがありません。

ありがとうございました!

<大阪府 SE>

本文でも述べられているように、「今度こそ本物の方法論」実感しました。
本当に、この通りに実行すると、自分でもうまくいくような気がしてきました。

本当にサーチマンさんには、いつもお世話になっております。
斬新な切り口と読みやすい文章で、とてもためになりました。

ありがとうございました。それでは、今後とも、宜しくお願い致します。

<初めてのリーダー>

初めてのWebシステム(言語も初めてのJava)の開発で、リーダーを任されています。

付けたメンバーは1〜3年目の若手3人のみ。

設計・製作だけでも山ほど壁にぶつかって進捗が思わしくない上、
技術検証、サーバー構築、メンバの仕事の割振り・フォロー・・・。

もともと仕切ることに慣れていないせいもあり、進捗管理がおろそかになりがちです。

要員管理、ひいてはプロジェクト管理がしばらくテーマになりそうなので、
何でも参考になることには耳を傾けてみたいと思いました。

<SEとして経験年数ありですが、マネージャーはまだ>

SEとしての経験年数も増え
最近ではプロジェクトマネージャのような立場で
プロジェクト全体を管理するようになって来ました。

サブリーダの時にマネージャの仕事を見てきたが、
いざ自分がそうなってみるとなかなか難しい。

マネジメントとは一体何なんだろう?って感じるこのごろです。
そんな今の自分の今後の指針となるよう楽しみにしてます。

本書は、ひとつの指針を与えてくれました。

<未体験ですが、楽しめました>

仕事の進め方は,リーダーの考え方やメンバーの個性との組み合わせにより,
人の数だけ存在すると思います。

私にとっては体験したことのないプロジェクトの進め方を拝見できまして,
とても楽しむことができました。あらためてお礼申し上げます。

続編もぜひお願いします。期待しております。
今後の益々のご発展を願っております。

<社内の配慮がたいへん>

途中からでしたが、「あるある」と突っ込みつつ、
面白く拝見しました。

当方の場合は、対外的にと言うよりも社内の方の突っ込みが多くて、
そちらの配慮の方が神経をすり減らします。

最後の内容が、まさに上司とか営業サイドから突っ込みのある点で、
本人よりも周りの意識を変えることも重要な要素だと、最近気付いた次第です。

<社長に見せたい>

まだ指導する位置にありませんが、
うちの社長がみんなの見せしめに一人を怒るタイプの人なので、
周りで聞いているだけでうんざりしています。

社長に読ませてあげたい・・・・・

いろいろな対処の仕方があるもんだと参考になりました。

ありがとうございました。

<問題発生中、さっそく試します>

ただ今、まさに問題発生中なのです。

具体的な解決の方策を示していただき、早速、試してみたいと思います。
プロマネに必要なのでは、行動力ですね。

<興味深い>

いつも配信していただきありがとうございます。レポートは、興味深い内容でした。
成功の秘訣とは,単純なものなのかもしれませんね。

もちろん単純といっても,簡単だとか価値がないとか,そういう意味ではありません。
その単純なことを実際に実行することに意味があるのでしょう。

<SE>

おもしろいですね。自分は、マネージャーじゃないのですがなかなかと大変ですね。
けれども、ほかの事態にも転用できそうですね。

<どうやって実行するか>

コンサルタントはある意味無責任な立場にもかかわらず,収入は高かったりするものですよね。

それにしても,素晴らしい計画をどうやって実行して頂くか,ということには興味は尽きません。

<レポート中の言葉に共感>

「お客様は、じつは、自分の立場のために働いている。」考えさせられる言葉でした。
性善説を前提している実話とか実例は結局、
組織の利益はもちろんですが、その前に個人の利益があるのではないかと思いました。

逆に性悪説を前提にしている話は組織が良くなるかもしれないけど、
面倒臭い、または個人の利益にならないのではないかと。

<今度マネージャーとして仕事をする予定です>

レポート読まさせていただきました。

今までSEとして業務に携わってきましたが、
なかなかプロジェクトが上手くいくことがありませんでした。

そんな中、今度マネージャーとして仕事をする予定で
あれもこれもしなければいけない・・・などと、
自分が何をすればいいのか、正直不安ばかりでした。

今回、レポートを読んでみて、
今まで自分では気づかない視点でプロジェクト開発を
捉えられていて、かなり前向きになることが出来ました。

すぐにものに出来るかはわかりませんが、
頑張ってみます。
ありがとうございました。

<キャリア15年のPMP保有者から>

※PMPとは:プロジェクトマネージャーとしての国際資格。「社員に取らせたい資格」のトップクラスに入ることが多い。

とても楽しく一気に読みました。
私は外資系コンピュータメーカーのプロジェクトマネージャを
15年ほどやり、PMPも持っているという履歴書としては立派な(苦笑)人間です。

議事録と担当の追い込み方法が実に具体的で的確で驚きました。
しかし、追い込みはきっと佐藤さんの人柄と仕事を離れた所でのコミュニケーションありき、なのでしょう。
やはりPMは(簡単に言うと)人心掌握とその前提である人柄かと再認識するような文章でした。

全員会議の調整役という話も興味深いです。
佐藤さんの話を読んで、自分がやっていることと似ているような気がしました。
なんとなく、自分のやっていること、佐藤さんのお墨付きを得た気持ちがしました。

ますますの発展を遠くより楽しみにしております。
良いお話をありがとうございました。

<このレポートに書いてあることを実践したIさん>

いつも楽しく拝見させて頂いております。

まず、「弱気SEが10日間でダントツマネージャー」を拝読⇒実践させて頂いた結
果を簡単ですがお知らせさせて頂きます。

私が実践させて頂いた主なところは、
「●●●●」です。(伏字はご了承ください)

何故、今まで気づくことができなかったかを後悔するぐらい、
目に見えて流れが良い方向に向いていきました。

文面ではお伝えにくいですが、あ〜これをやるだけで、チーム全体+お客様の意
識がこんな変わるんだなと実感致しました。

有意義な情報の提供をありがとう御座いました。



以上のように、非常に
質の高いレポートになっていますし、
もちろん、
私自身は、このレポートに書いてある通りのことを実践し、うまくいっています

しかしながら、私とアナタでは性格も違うでしょうし、
周りの環境も違っています。

もしかすると、アナタにはあわない場合もあるかもしれません。
ですので、


このレポートは、
6ヶ月の完全返金保証で、
お届けいたします。



返金方法は簡単です。あなたが
合わないと感じた場合は、申込されるとメールが届きますので、
そのまま返金要求してください。




ではお値段ですが、
「弱気SEが10日間でダントツマネージャー」
4,320円です。

もし、10万円のセミナーに行っているようでしたら、是非比べてみてください。

内容が全く異質のものだし、現場に即しているし、
奇跡のお値段だとわかると思います。



「弱気SEが10日間でダントツマネージャー」の
お申し込みはこちらです。
<カード決済>か<銀行振込>どちらかでお申込みください。
<カード決済>今すぐレポートをダウンロードできます。

<初めての場合>

姓(必須)
メールアドレス(必須)
決済パスワード※
利用規約に同意(必須)
都道府県
(何かあれば)
メッセージ等
※決済パスワードを入れておくと、次回から、
本サイトでのカード番号入力を省略できます

<パスワードをお持ちの場合>

メールアドレス(必須)
決済パスワード(必須)
利用規約に同意(必須)
(何かあれば)
メッセージ等


<銀行振込>入金後(48h以内に)レポートを送ります。
銀行振込み口座は下記に登録したメールアドレスにお送りします。お申込み後、5日以内にお振込みください。
姓(必須)
メールアドレス(必須)
利用規約に同意(必須)
都道府県
(何かあれば)
メッセージ等


追伸

プロジェクト失敗の影響
システム業界で精神疾患になる人が後を絶ちません。

「えっ、あの人も通院なの」そんな声をよく耳にします。
それもきまって失敗プロジェクトで病人が発生する。

成功プロジェクトで病人が出る話はあまり聞きません。

結果、こんな話がでてきますね。
あれだけ病人が出れば、プロジェクトは失敗するに決まっている。
もっとしっかり健康管理をしていきましょう。

もしくは、こんな話も出てきませんか。
精神的な病気になったのは、他人とのコミュニケーションが不足していたからだ。
もっとコミュニケーションをしっかりとろう。

しかし、多くの場合、健康管理もコミュニケーションも結果論なのです。
プロジェクトをうまくまわさないから、そうなってしまうだけなのです。

プロジェクトが失敗するから不幸な人が出てくる。
プロジェクトがうまくまわれば、皆が健康でハッピーになる。

私は、そんな思いでノートを振り返り、
このレポートをまとめてみました。

どうぞ、よろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

サーチマン佐藤



特定商取引法の表示