レポ
クラウドで
伸びる人沈む人

連絡特定商取引将来設計運営方針&メルマガSEの彼女は?
成功レポート集 Fedora9インストール! EclipseでJava Oracleバックアップのアーキテクチャ ゼロからHPでCGI 便利ネット知識
無料レポ&講習 IT業界の実態 linux処方箋 Java処方箋 Oracle処方箋 Perl処方箋
CNAMEレコードは使うとメール送信エラー

<IT技術の処方箋:CNAMEレコードは使うとメール送信エラー>



DNSサーバーに登録する情報として、
CNAMEレコードというものがあります。


例えば、↓のような感じで、
Aレコードと組み合わせて使うのですが、

host1.searchman.info IN A 192.168.0.100
ftp.searchman.info IN CNAME host1.searchman.info

↑のように、CNAMEを使うことで、
自動的に、
ftp.searchman.info → 192.168.0.100を設定できるわけですね。


で、これが何のメリットあるかっていうと、
IPアドレスの設定変更を1ヶ所で管理できるという、
そのぐらいのことしかないわけです。


これはこれでいいのですが、
でも、CNAMEレコードを使うと
メール送信できないサーバーがあることがわかってきました。


これは非常に「まずい」です。

例えば、↓のように設定すると一見問題ないように見えますが、
メール送信できないサーバーがあります。


host1.searchman.info IN A 192.168.0.100
mail.searchman.info IN CNAME host1.searchman.info
searchman.info. IN MX mail.searchman.info.

↑のような設定をしておくと、
↓のようなエラーが発生してメール送信できない場合があります。

Remote host said: 554 Unable to determine MX for host 'searchman.info'


で、結論としてどうしたらいいのか?ってことですが、
現状は、CNAMEレコードを使わないほうがいいです。


もう単純に、↓のような設定にしておけば大丈夫でしょう。

host1.searchman.info IN A 192.168.0.100
mail.searchman.info IN A 192.168.0.100
searchman.info. IN MX mail.searchman.info.

CNAMEレコードは使わないほうが無難です。
慣れてきましたか?慣れてきたら、
Linux自宅サーバーの注意点チェック

クラウドで伸びる人沈む人 ||Copyright © 2005-2018 SearchMan,All Rights Reserved.