レポ
クラウドで
伸びる人沈む人

連絡特定商取引将来設計運営方針&メルマガSEの彼女は?
成功レポート集 Fedora9インストール! EclipseでJava Oracleバックアップのアーキテクチャ ゼロからHPでCGI 便利ネット知識
無料レポ&講習 IT業界の実態 linux処方箋 Java処方箋 Oracle処方箋 Perl処方箋
見積もりに出てくる1人月とは何か?

<IT技術の処方箋:見積もりに出てくる1人月とは何か?>



IT業界に居る者にとって、
「1人月」という言葉は常識になっていますが、
初めてシステム発注される方にとっては、ちょっと不思議な言葉です。

今日は、「1人月」という言葉について説明しておきましょう。


「1人月」とは、
1人の技術者が1ヶ月に20日間働くということを意味しています。

例えば、
「ああ〜その仕事は2人月ですね」と言えば、
1人の技術者が丸々2ヶ月間働く仕事のボリュームになります。


「ちょっと待てよ、技術者の能力差があるだろ?」
って思いますよね。

そうなのです。だから、同時に「単価」も存在するのです。


ざっくり言うと、
新人1年目で1人月50万円くらい、
普通PGで1人月70万円くらい、
上級SEで1人月200万円くらい、

そんな感じで単価があって、人月もある。


だから見積もりを出すときは、

上級SE1人月+普通PG2人月+新人3人月
合計490万円

そんな感じで見積もりを出すことになります。

PGとSE、372人の将来設計プラン・・・

緊急レポ:クラウドで伸びる人沈む人
Copyright © 2005-2016 SearchMan,All Rights Reserved.