レポ
クラウドで
伸びる人沈む人

連絡特定商取引将来設計運営方針&メルマガSEの彼女は?
成功レポート集 Fedora9インストール! EclipseでJava Oracleバックアップのアーキテクチャ ゼロからHPでCGI 便利ネット知識
無料レポ&講習 IT業界の実態 linux処方箋 Java処方箋 Oracle処方箋 Perl処方箋
仕様書という名の判読不能な紙の山

<IT技術の処方箋:仕様書という名の判読不能な紙の山>



この業界、悲しいかな、
いい加減な仕様書といい加減なプログラムで
仕事をやってしまっている人も多い。

だから私も、こんなサイト運営して、
地道に改善しようと努力していますが・・・・

今日は、そんないい加減な仕事に怒っている人からの
お便りです。

-----------お便りここから---------------------

私は技術のエキスパートに憧れています。

ただ…過去に行った仕事で、
ちゃんと作られたソフトと巡り合った事は稀でしたね。

殆どの場合は、仕様書という名の判読不能な紙の山と、
訳の判らないロジックで組まれた
コードの山しかありませんでした。

そして、設計も実装もテストも、
何もかもおかしな手順で行われている。

もうすぐ40に手が届きますが…仕事はずっとそんな調子です。

設計も実装もテストも、きちんと必要な物をそろえた上で、
必要な分の時間をかけ、
作るべき物を作っていく(テストする)のがあるべき姿のはずなのに、
それが成されていません。

おそらく、この歪みの原因の一部は…
『SEがちゃんと設計すればちゃんとしたものが出来る』などの、
会社で偉い人がよく言っている
『SEはスゴイ』論的な何かでしょう。

単価が高くて儲かる部分をやる人材だけが欲しい、
という目先の利益をすり替えただけで、
全く中身がないからかな、と。
(無論、きちんとした本物のSEを育てる本物の会社はどこかにあると思います)

多分、設計にしろ実装、テストにしろ、
まずは理屈を理解した上で一歩ずつ学んでいく事が
一番大事だと思うんですが…

最近のソフト会社の様子を見る限り、先行きは暗そうです。


PGとSE、372人の将来設計プラン・・・

緊急レポ:クラウドで伸びる人沈む人
Copyright © 2005-2016 SearchMan,All Rights Reserved.