レポ
クラウドで
伸びる人沈む人

連絡特定商取引将来設計運営方針&メルマガSEの彼女は?
成功レポート集 Fedora9インストール! EclipseでJava Oracleバックアップのアーキテクチャ ゼロからHPでCGI 便利ネット知識
無料レポ&講習 IT業界の実態 linux処方箋 Java処方箋 Oracle処方箋 Perl処方箋
コマンドの実行エラーを検知して処理を変更する方法

<IT技術の処方箋:コマンドの実行エラーを検知して処理を変更する方法>



例えば、ls /home/xxxというコマンドを実行します。

当然ですが、
/home/xxxというディレクトリが存在すれば成功ですし、
ディレクトリが存在しなければ失敗となります。


このように、コマンドが失敗したか成功したかを判定して、
実行を変える簡単なプログラムです。
成功すれば「DIR OK」、失敗すれば「DIR NG」が出ます。

------------------シェルの中身---------------
#!/bin/bash
DIR="/home/xxx"
TMPFILE="tmp.txt"
TMP=`ls $DIR 2>$TMPFILE`
if [ -s $TMPFILE ];
then
echo "DIR NG"
else
echo "DIR OK"
fi
rm $TMPFILE
---------------------------------------------


TMPは成功したときに、仮に受け取る変数です。
2>$TMPFILEは、実行エラーだけ排出します。

慣れてきましたか?慣れてきたら、
Linux自宅サーバーの注意点チェック

クラウドで伸びる人沈む人 ||Copyright © 2005-2018 SearchMan,All Rights Reserved.