レポ
クラウドで
伸びる人沈む人

連絡特定商取引将来設計運営方針&メルマガSEの彼女は?
成功レポート集 Fedora9インストール! EclipseでJava Oracleバックアップのアーキテクチャ ゼロからHPでCGI 便利ネット知識
無料レポ&講習 IT業界の実態 linux処方箋 Java処方箋 Oracle処方箋 Perl処方箋
sqlplusの実行権限を与えたい時

<IT技術の処方箋:sqlplusの実行権限を与えたい時>



Linux(UNIX)の一般ユーザー(例えばsato)に、
Oracleのsqlplusの実行権限を与えたい場合があります。

そんなときは、Oracleをインストールしたグループ(例えばoinstall)に、そのユーザーを加えてあげましょう。

コマンドは簡単です。
#gpasswd -a sato oinstall


これで、oinstallグループにsatoが加わりました。
結果、oinstallで保持している権限が、
一般ユーザー(sato)にも追加されます。


もうちょっと詳しく解説しますね。

例えば、Oracle(オラクル)クライアントをインストールした場合、
ユーザーはoracle、グループはoinstallということが多いでしょう。


Oracleに接続するためには、sqlplusなどを使うわけですが、
sqlplusは、oracleユーザーかoinstallグループに属していないと権限不足になります。


その場合に、上記のようにoinstallグループにユーザー(sato)を追加することで、
sqlplusへの実行権限が一般ユーザー(sato)にも付与されます。
慣れてきましたか?慣れてきたら、
Oracleバックアップの「嘘」も勉強

PGとSE、372人の将来設計プラン・・・

緊急レポ:クラウドで伸びる人沈む人
Copyright © 2005-2016 SearchMan,All Rights Reserved.