レポ
クラウドで
伸びる人沈む人

連絡特定商取引将来設計運営方針&メルマガSEの彼女は?
成功レポート集 Fedora9インストール! EclipseでJava Oracleバックアップのアーキテクチャ ゼロからHPでCGI 便利ネット知識
無料レポ&講習 IT業界の実態 linux処方箋 Java処方箋 Oracle処方箋 Perl処方箋
cannot be resolved to a typeへの対処法

<IT技術の処方箋:cannot be resolved to a typeへの対処法>



"JSPで「cannot be resolved to a type」
と出る主な理由は二つです。


一つ目の理由は、必要なクラスがインポートされていない。
例えば、以下のようなメッセージが出たとします。

UserBean cannot be resolved to a type

この場合は、UserBeanというクラスがインポートされていないのでは、
と疑ってみましょう。

Jspの先頭に以下のような記述がありますか?
<%@page import=""info.searchman.UserBean""%>


info.searchmanはパッケージ名の例です。


二つ目の理由は、ServletでsetAttributeするときのクラスと、
Jspのクラスが一致していない、ということが考えられます。



Servlet側
session.setAttribute( ""user"", xxx );

Jsp側
(UserBean)session.getAttribute( ""user"" )

このとき、xxxは、UserBeanのオブジェクトである必要があります。

"
さらに補講教材があります。
以下をクリックしてください。

新人用Java勉強環境の準備

Servlet初心者が勘違いする「典型的な間違い」

PGとSE、372人の将来設計プラン・・・

緊急レポ:クラウドで伸びる人沈む人
Copyright © 2005-2017 SearchMan,All Rights Reserved.