レポ
クラウドで
伸びる人沈む人

連絡特定商取引将来設計運営方針&メルマガSEの彼女は?
成功レポート集 Fedora9インストール! EclipseでJava Oracleバックアップのアーキテクチャ ゼロからHPでCGI 便利ネット知識
無料レポ&講習 IT業界の実態 linux処方箋 Java処方箋 Oracle処方箋 Perl処方箋
Javaで共通の値や環境設定はプロパティファイルに書く

<IT技術の処方箋:Javaで共通の値や環境設定はプロパティファイルに書く>



開発が大規模になってくると、
各Javaプログラムで共通に使う値や、
環境設定を個別に管理するのは難しいですね。


例えば、マシンのIPアドレス、ID・パスワード、
メッセージ、名前など。


このような共通で使う値は、全てのプログラムから抜き出して、
特定のファイルに書いておくと便利です。


なぜなら、何か修正が発生した場合に、
その特定のファイルを修正すれば、全てに反映されるからです。


その特定のファイルのことを、
「プロパティファイル」と呼びます。


また管理上も、そのようにしたほうが見晴らしが良くて、
運用トラブルを防ぐことができます。


このプロパティファイルを使うためには、
「java.util.ResourceBundle」クラスを使います。


例えば、aaa.propertiesというファイルに、
以下の記述をします。

----------aaa.properties------------------
IP=192.168.0.1
name=searchman
------------------------------------------


● プログラム中では、こんな風に使います。

String IP = ResourceBundle.getBundle("aaa").getString("IP");
String name = ResourceBundle.getBundle("aaa").getString("name");


パッケージがxxx/aaa.propertiesの場合は、
getBundleの部分をgetBundle("xxx/aaa")としておきます。
さらに補講教材があります。
以下をクリックしてください。

新人用Java勉強環境の準備

Servlet初心者が勘違いする「典型的な間違い」

PGとSE、372人の将来設計プラン・・・

緊急レポ:クラウドで伸びる人沈む人
Copyright © 2005-2017 SearchMan,All Rights Reserved.