レポ
クラウドで
伸びる人沈む人

連絡特定商取引将来設計運営方針&メルマガSEの彼女は?
成功レポート集 Fedora9インストール! EclipseでJava Oracleバックアップのアーキテクチャ ゼロからHPでCGI 便利ネット知識
無料レポ&講習 IT業界の実態 linux処方箋 Java処方箋 Oracle処方箋 Perl処方箋
OracleのOS認証とパスワード認証

<IT技術の処方箋:OracleのOS認証とパスワード認証>



Oracleの認証には、OS認証とパスワード認証というのがあるのです。

簡単に説明すると、OS認証とはOSが認証したユーザーならOracleの認証は特に必要ないですよ。ということです。


だから、OSにログインして、こんなことができます。

$sqlplus / as sysdba


わかりますか?
普通は、アカウントとパスワードを入れる必要があるのに、
省略できるのです。

あんたOSにログインするときに確認したから、
Oracleはノーチェックだよってことです。

反対にパスワード認証は、極端に言えばOSのログインは関係なくOracleと接続できるということです。

だから当然、Oracleのアカウントとパスワードが必要になります。


わたしが愛用している「SI Object Browser」はパスワード
認証しかできません。
だから、ログインするときはパスワードが必要です。


ちなみに、パスワード認証に必要なパスワードは、

${ORACLE_HOME}/dbs/

の下に、orapw${ORACLE_SID} というファイルで存在しています。
慣れてきましたか?慣れてきたら、
Oracleバックアップの「嘘」も勉強

PGとSE、372人の将来設計プラン・・・

緊急レポ:クラウドで伸びる人沈む人
Copyright © 2005-2016 SearchMan,All Rights Reserved.