レポ
クラウドで
伸びる人沈む人

連絡特定商取引将来設計運営方針&メルマガSEの彼女は?
成功レポート集 Fedora9インストール! EclipseでJava Oracleバックアップのアーキテクチャ ゼロからHPでCGI 便利ネット知識
無料レポ&講習 IT業界の実態 linux処方箋 Java処方箋 Oracle処方箋 Perl処方箋
try、catch、finallyの理解1

<IT技術の処方箋:try、catch、finallyの理解1>



Javaのエラー処理の基本、try、catch、finallyは
以下のように使います。

try {
  例外をスローする可能性のある処理
} catch (例外クラス型 引数名) {
  例外処理(例外ハンドラ)
} finally {
  最後に必ず実行される処理
}

finally は、エラーだろうがなんだろうが、
最後に実行される処理のことです。
これは理解が楽だと思います。

では、例外をスローする可能性とはなんでしょうか?
例題でみていきましょう。

以下のプログラムをコンパイルして実行します。

class Abc {
public static void main (String[] args) {

int x = Integer.parseInt(args[0]);
System.out.println("10/" + x + "=" + (10/x));
}
}

●実行A:10を5で割る(エラーなし)
C:\java>java Abc 5
10/5=2


●実行B:10を0(ゼロ)で割る(エラーあり)
C:\java>java Abc 0
Exception in thread "main" java.lang.ArithmeticException: / by zero
at Abc.main(Abc.java:5)


この実行Bのように例外を発生する可能性がある場合は、
発生した場合の処理を書いておかないと、
上記のようなエラーが発生します。

では、上記エラーが出ない場合はどうすればいいのでしょうか?
そこでtry、catchを使うのですね。

続きはこちら
<try、catch、finallyの理解2>
http://www.searchman.info/tips/2150.html

※---try,catch,finallyは、こちらから理解しよう。---※
1番目:try、catch、finallyの理解1「例外処理の概念」
http://www.searchman.info/tips/2140.html

2番目:try、catch、finallyの理解2「例外処理の基本」
http://www.searchman.info/tips/2150.html

3番目:try、catch、finallyの理解3「例外処理を詳細に」
http://www.searchman.info/tips/2160.html
さらに補講教材があります。
以下をクリックしてください。

新人用Java勉強環境の準備

Servlet初心者が勘違いする「典型的な間違い」

PGとSE、372人の将来設計プラン・・・

緊急レポ:クラウドで伸びる人沈む人
Copyright © 2005-2016 SearchMan,All Rights Reserved.