レポ
クラウドで
伸びる人沈む人

連絡特定商取引将来設計運営方針&メルマガSEの彼女は?
成功レポート集 Fedora9インストール! EclipseでJava Oracleバックアップのアーキテクチャ ゼロからHPでCGI 便利ネット知識
無料レポ&講習 IT業界の実態 linux処方箋 Java処方箋 Oracle処方箋 Perl処方箋
同じデータの件数を調べる

<IT技術の処方箋:同じデータの件数を調べる>



同じデータの件数を調べたい場合がありますね。


例えば、名前と出身(都道府県)をもつような
テーブルがあって、東京出身は何人だろうか?


そんなときは、group by と having を使います。


出身(都道府県)の項目名をpre、
テーブル名を xxx とすると、以下のようなSQLとなります。

select pre, count(*) from xxx
group by pre

とします。


さらに、そのカウントが1以上のものを取得したい場合は、
以下のようにします。

select pre, count(*) from xxx
group by pre
having count(*) > 1
慣れてきましたか?慣れてきたら、
Oracleバックアップの「嘘」も勉強

PGとSE、372人の将来設計プラン・・・

緊急レポ:クラウドで伸びる人沈む人
Copyright © 2005-2016 SearchMan,All Rights Reserved.