レポ
クラウドで
伸びる人沈む人

連絡特定商取引将来設計運営方針&メルマガSEの彼女は?
成功レポート集 Fedora9インストール! EclipseでJava Oracleバックアップのアーキテクチャ ゼロからHPでCGI 便利ネット知識
無料レポ&講習 IT業界の実態 linux処方箋 Java処方箋 Oracle処方箋 Perl処方箋
mainメソッドをいかに考えるか

<IT技術の処方箋:mainメソッドをいかに考えるか>



Java言語は、
オブジェクト指向言語だと教えられます。

オブジェクトとは、振る舞い(メソッド)や
名前(プロパティ)などを備えた、
あたかも生き物のようなものだと。


そんな、かっこいい事を教わるのですが、
いきなり以下のような、HelloWorldのプログラムを書いて
混乱してしまうのです。

public class HelloWorld {
public static void main(String args[]) {
System.out.println("Hello World!");
}
}

main が出てきて、
いきなり実行しろとなっていますね。


オブジェクト指向もあったものでない!!
と憤慨したくなります。


しかし、mainメソッドをもつクラスだけは、
特別と考えておきましょう。

いくらオブジェクト指向でも、
最初にプログラムを起動するクラスが必要なのです。


もっと簡単に言うと、
mainメソッドをもつクラスだけは、
オブジェクト指向と関係ないと、割り切ったほうが、
初心者は混乱しないと思います。
さらに補講教材があります。
以下をクリックしてください。

新人用Java勉強環境の準備

Servlet初心者が勘違いする「典型的な間違い」

PGとSE、372人の将来設計プラン・・・

緊急レポ:クラウドで伸びる人沈む人
Copyright © 2005-2016 SearchMan,All Rights Reserved.