レポ
クラウドで
伸びる人沈む人

連絡特定商取引将来設計運営方針&メルマガSEの彼女は?
成功レポート集 Fedora9インストール! EclipseでJava Oracleバックアップのアーキテクチャ ゼロからHPでCGI 便利ネット知識
無料レポ&講習 IT業界の実態 linux処方箋 Java処方箋 Oracle処方箋 Perl処方箋
テーブル定義をchar型からvarchar型にして、データも入れ替える

<IT技術の処方箋:テーブル定義をchar型からvarchar型にして、データも入れ替える>



よくシステムリニューアルなどに伴って、
オラクルのテーブルはそのまま使うのだけれど、
項目の定義を変更する場合がありますね。

例えば、
xxxテーブルのaaa項目 char(2) を、varchar2(5) に変換する。
というような感じです(よくありますね)。


そんな時のデータ定義の変更方法は、以下です。(テーブル名xxx)
alter table xxx modify aaa varchar2(5)


まあ、これは楽ですが。
問題は、データをどうするかってことです。


例えば、aaaに入っているデータの先頭3桁をゼロ埋めする
サンプルSQLは、こちらです。
update xxx set aaa = '000'|| aaa ;


また、もし、
aaaにスペースなどが入っている可能性がある場合は、

update xxx set aaa = '000'|| trim(aaa) ;

としましょう。
慣れてきましたか?慣れてきたら、
Oracleバックアップの「嘘」も勉強

PGとSE、372人の将来設計プラン・・・

緊急レポ:クラウドで伸びる人沈む人
Copyright © 2005-2016 SearchMan,All Rights Reserved.