EclipseでHelloWorld

<概要>

Eclipseのインストールも終わった。
環境設定も終わった。

次は、ツールの簡単な使い方を覚えます。

簡単なプログラム(HelloWorld)を作りながら、覚えます。

まあ、(手作業でやった)
JDKをインストールした時につくったHelloWorld
と同様のことを
Eclipse(ツール)でやるのですが、

両者の比較すると、
ツールを使った時の
楽さ(落差?)が実感できますよ。


<プロジェクトやパッケージを理解しておく>

プログラムのソースを書く前に、
プロジェクトとパッケージ
指定が必要ですが、

えっ、プロジェクトとパッケージって何?
って話ですね。

この概念がわからず、
つまってしまう人がが多いので、

まずは、次のように、
理解しておきましょう。

プロジェクトとは
プロジェクトとは、
いくつかのプログラムをまとめたもの。

そのまとめる単位は、
一般的なプロジェクトと同義と思ってください。

例えば、「予約管理システム開発」プロジェクトだったら、
予約管理のプログラムの集まりがプロジェクト、みたいな。

今回は、とりあえず
test プロジェクトを作っていきます。

パッケージとは
いくつかの参考書には、
ちょっと難しいことが書いてあります。

例えば、いきなり
「パッケージは名前空間をまとめる」とか、
「パッケージを作ると、クラスの持つ意味がわかりやすい」とか。

まあ、確かにそうなのですが、
この説明では
(初心者には)意味不明ですよね(苦笑)。

特に「名前空間」って何?って思うし。

「パッケージ」はもともと崇高な理念があるので、上記の例は、
その崇高な部分を説明してしまったのでわかりにくいのですが、
実は、もっと簡単で、

「パッケージ」って、
ぶっちゃけ「フォルダ管理」のことです。


プロジェクトを決めた後、当然ながら、
プロジェクトは細分化されますよね。

例えば、「予約管理システム」のプロジェクトのうちの、
「メールシステム」とか。

その時、プロジェクトを小分けにして、
フォルダ管理するでしょ。

それを、パッケージと呼んでいるだけです。

で、世界で唯一のパッケージにするために、
大抵は、ドメイン名を利用して
パッケージを作るのが常識となってる。

まあ、そんな話ですが、
下記の作業を行い実感してから、
上記の説明を読むと効果的です。


<プロジェクトを作る>

プロジェクトを作りましょう。

「ファイル」→「新規」→
「プロジェクト」を選びます。



「Javaプロジェクト」を選び、「次へ」をクリック。


プロジェクト名に
test」を入れて、「完了」をクリック。


「いいえ」をクリック。


「test」プロジェクトが出来ましたね。


<パッケージを作る>

次に、パッケージを作ります。

「test」に右クリックをあて、
「新規」→「パッケージ」。


パッケージ名はなんでもいいのですが、
一般的にはドメインの逆、私の場合なら
info.searchman」にしておきます。
(初心者は、同じにしておきましょう)

名前を入れて、「完了」をクリック。


パッケージが出来ましたね。


<クラスを作る>

クラスを作りましょう。

パッケージ「info.searchman」に右クリックをあてて、
「新規」→「クラス」を選択。



名前に、「HelloWorld」を入れ、
「完了」をクリック。


※HelloWorldの大文字と小文字を間違えないように。


HelloWorld.java(空のプログラムですが)が出来ました。


ちなみに、ワークスペースディレクトリ に
testフォルダが出来ているのを確認できます。
(エクスプローラを起動して確認しましょう)


さらにフォルダをクリックして、
「src」→「info」→「searchman」とクリックすると、
ソースコードが確認できますね。

ソースコードファイル


一回、「test」に戻り、
「bin」→「info」→「searchman」とクリックすると、
クラスファイルが確認できますね。

クラスファイル


こんな感じで、裏でEclipseが
フォルダやファイルを自動で作ってくれます。


<HelloWorldのソースを書いて実行>

さて、これで後は、
HelloWorldの中身を書くだけ

以下を、HelloWorld.javaにコピペしましょう。

------------↓をコピペ--------------------------
package info.searchman;

public class HelloWorld {
public static void main(String args[]){
System.out.println("HelloWorld");
}
}
-------------↑をコピペ------------------------

↓こんな感じで、全てに
上書きしてください。


ソースのコピペが終わったら、
「Ctrl + S」で
保存しておきます。

さあ、いよいよ実行です。

HelloWorld.javaに右クリックをあてて、
「実行」→「Javaアプリケーション」。



※もしくは、この
「実行」アイコン。


下のコンソール画面、「HelloWorld」とでてきましたね。



何かわからなかったら、質問してくださいね。

 |前へ次へ
目次

クラウドで伸びる人沈む人 ||Copyright © 2005-2018 SearchMan,All Rights Reserved.