Eclipseインストール

<概要>

Javaの開発は、とにかく面倒くさい。
コンパイルして、クラスパス通して、さらにweb.xmlの設定と。
(前回まで、やってきましたね)

しかし、
Eclipseというフリーの開発ツールを使うと、
とても便利。

そんなこと全部自動でやってくれます。

そこで、ここではEclipseをインストールしてみます。

ただし、デフォルトのままだと
全て英語です。
そこで、英語が苦手な人のために、
日本語化したパッケージをもみておきましょう。


<Eclipse本体(日本語対応)>

Eclipse本体(日本語対応)
をダウンロードします。

基本的には、以下のサイトから取得します。
Eclipseサイト
(https://eclipse.org/)
pleiadesサイト(http://mergedoc.osdn.jp/)

しかし、
Eclipseは、
種類もバージョンも多すぎだし、
組合せの問題もあるので、

テキストと整合性を保ち、
手っ取り早くダウンロードするなら、

私が既に入手した(ほぼ最新の)
Eclipse本体(日本語対応したもの)を
ここからダウンロードして、
使ってください。

それを使えば、テキスト通り
作業を進めることができますが、

とにもかくにも、
pleiades-2020-06-java-win-64bit.zip

が必要となります。

この二つがないと始まらないので、
準備しましょう。



上記は、64bitパソコンの場合です。


<Eclipseのインストール>

Eclipse のインストールは簡単です。

pleiades-2020-06-java-win-64bit.zip
解凍するだけです。


それなりに時間がかかります。


こんなフォルダができましたね。


<起動とワークスペース>

では、起動してみましょう。


しばらく待つと・・・・
こんな画面が出てきますね。

表示しないにチェックをいれて、起動。


こんな画面が出てきますが、こちらは後で設定するとして・・・・


workspaceフォルダが出来ていることを確認。

このworkspaceに、アプリが保存されていきます。

<Java EEパースペクティブを開く>

Eclipseは、様々な画面がありますが、
ここでは、Java
Web開発に適した画面セットを開きます。
(※画面セットをパースペクティブと呼びます)

「パースペクティブ」を開くをクリック。
Java EEを選び、「開く」をクリック。


こんな感じになるかと思います。


引き続き、環境設定へ。

前へ次へ
目次

クラウドで伸びる人沈む人 ||Copyright © 2005-2020 SearchMan,All Rights Reserved.