IT技術の痒い所に手が届く

詳細

×閉じる

Eclipse(日本語版)のインストール

Java開発に必須の最強ツール

Javaの開発は、ツールを使わないと面倒くさい。
コンパイルして、クラスパス通して、さらにweb.xmlの設定と。
(前回まで、やってきましたね)

しかし、 Eclipseというフリーの開発ツールを使うと、とても便利。
そこで、ここではEclipseをインストールしてみます。

ただし、デフォルトのままだと全て英語です。
そこで、英語が苦手な人のために、日本語化したパッケージもみておきましょう。

Eclipse(日本語対応)のダウンロード

基本的には、以下のサイトからダウンロードします。
Eclipseサイト(https://eclipse.org/)

しかし、Eclipseは、種類もバージョンも多すぎだし、
上記のページで混乱する感じなら、私が既に入手した(ほぼ最新の)
Eclipse(日本語対応)のダウンロードページをご利用ください。

上記ページからは、以下のEclipseファイルが入手できます。

(Windows64bit用)
pleiades-2022-06-java-win-64bit.exe

(Mac用)
pleiades-2022-06-java-mac.dmg

手っ取り早く、このテキストとも整合性がとれます。

もちろん、どのEclipseを使うのか?はお任せしておきますが、
とにもかくにも、何かEclipseを準備してくださいね。

何もないと始まらないので、準備しましょう。

※注意:以下Macの方へ

Macのインストールと起動はこちらへ

Eclipseのインストール

Eclipseのインストールは簡単です。
上記ファイルを実行 するだけです(実行すると自動解凍されます)。

pleiades-2022-06-java-win-64bit.exeをダブルクリックすると、
以下のような画面になりますね。

Eclipseのインストール実行

作成フォルダを確認し、解凍。

それなりに時間がかかります。

タイムバー

Eclipseのフォルダができましたね。

ダウンロード後のフォルダ構成

※仮にEclipseのzipファイルを使う場合は、 解凍ソフトを使いましょう。7-Zip がお奨めです。
有名なLhaplusはエラーが出ましたのでおススメできないです。

起動して、各種設定を行いましょう。

Eclipseのインストール(Macの方へ)

Macの方へ

MacのEclipseインストールは簡単です。
Mac用Eclipseファイルをダブルクリックして、Applicationsにドラッグ&ドロップ。

Mac版のEclipseのインストール

上記でインストール完了です。

ですが、このEclipseがJDKに反応しない場合があるので、JAVA_HOMEの場所を明示します。
ApplicationsフォルダのEclipseから右クリックで[パッケージの内容を表示]。

Mac版のEclipseパッケージの内容

[Contents]→info.plistファイルがありますよね。
このファイルを開くと、array要素がありますね。

・・・前略
<array>
<string>-vm</string><string>/Library/Java/JavaVirtualMachines/temurin-17.jdk/Contents/Home</string>
<string>-keyring</string>
<string>~/.eclipse_keyring</string>
</array>
・・後略

そのarray要素に以下を追加します( ↑赤字参照 )。

<string>-vm</string><string>JDKのJAVA_HOME</string>

JDKのJAVA_HOMEは、各自の環境にあわせてくださいね。

Macを起動します。
以下、Windows画面で説明しますが、同様手順です。

Eclipseの起動とワークスペース

では、起動してみましょう。

Elipseの起動

しばらく待つと・・・・ ワークスペース選択画面が出てきますね。

表示しないにチェックをいれて、起動。

Elipseの起動画面

Eclipseの初期画面が出てきますが、こちらは後で設定するとして・・・・

Elipseの初期画面

workspaceフォルダが出来ていることを確認しましょう。

Elipseのワークスペースフォルダ

外観テーマを変更

画面の外観を自分好みにしましょう。
メニューバーから[ウィンドウ]→[設定]をクリック。

Elipseの設定

[一般]→[外観]から、自分好みにして適用します。

Eclipseのテーマ設定

明るいほうが見やすいですよ。

※再起動を求められたら、再起動しましょう。

Web画面を開く

Eclipseは、様々な画面がありますが、
ここでは、JavaWeb開発に適した画面セットを開きます。
(※画面セットをパースペクティブと呼びます)

「パースペクティブ」を開くをクリック。

Java EEを選び、「開く」をクリック

Elipseのパースペクティブ画面

Web画面が開かれましたね。

EclipeのWeb画面が選ばれた画面

引き続き、環境設定へ。

Copyright(c) 2005-2022 SearchMan Sato . All Rights Reserved. 特定商取引に基づく表示