web.xmlを理解

<概要>

Tomcatで「HelloWorld」を表示しました。

とりあえず表示できたところで、
web.xmlの理解を深めます。

端的に言えば、web.xml
設定ファイルですが、
特にURLとの関係を理解してくださいね。

<任意のURLで、HelloWorldを表示する>

HelloWorldの
web.xmlをみてみましょう。


ファイルを開き、
<web-app> 〜 </webapp>の記述に
注意してみましょう。



<servlet>
ここに、あなたがコンパイルして作った
class名を登録します。

例えば、
HelloWorld.class
hello という名前で登録する場合、
以下のように記述します。
(classの部分は省略して)


<servlet>
<servlet-name>hello</servlet-name>
<servlet-class>HelloWorld</servlet-class>
</servlet>

この記述により、
hello = HelloWorld.class
が定義されますが、

この
hello に対しては、
次のマッピングという作業も行います。



<servlet-mapping>
上の
hello(HelloWorld.class)と対になる
URL名をマッピングします。

例えば、xxxという名前の
URLにしたいとしましょう。

その場合は、以下のようにします。


<servlet-mapping>
<servlet-name>
hello
</servlet-name>
<url-pattern>
/xxx
</url-pattern>
</servlet-mapping>

その結果、
web.xml は、以下のようになるのです。

<?xml version="1.0" encoding="ISO-8859-1"?>
<!DOCTYPE web-app
PUBLIC "-//Sun Microsystems, Inc.//DTD Web Application 2.3//EN"
"http://java.sun.com/dtd/web-app_2_3.dtd">

<web-app>
<servlet>
<servlet-name>hello</servlet-name>
<servlet-class>HelloWorld</servlet-class>
</servlet>

<servlet-mapping>
<servlet-name>
hello
</servlet-name>
<url-pattern>
/xxx
</url-pattern>
</servlet-mapping>
</web-app>


試しに、上記を、
WEB-INFに上書き保存しましょう。



中身は、こんな感じ。


<HelloWorldを出してみよう>

では、HelloWorld を出します。

web.xml の設定変更を行ったので、
http://localhost:8080/searchman/
xxx
で、表示されるはずですね。

トムキャットを起動して、ブラウザで確認してみましょう。


新しいURLで表示されましたね。
(うまくいかない場合は、質問してください)


前へ次へ
目次

クラウドで伸びる人沈む人 ||Copyright © 2005-2018 SearchMan,All Rights Reserved.