レポ
クラウドで
伸びる人沈む人

連絡特定商取引将来設計運営方針&メルマガSEの彼女は?
成功レポート集 Fedora9インストール! EclipseでJava Oracleバックアップのアーキテクチャ ゼロからHPでCGI 便利ネット知識
無料レポ&講習 IT業界の実態 linux処方箋 Java処方箋 Oracle処方箋 Perl処方箋
Tomcatのディレクトリ構造を理解しよう

<概要>


Tomcatもインストールしたし、「さあ、開発だ!!」。
でも、ちょっとまったあ。


すぐには開発にいけないのです。

その前に、理解しておくことがある。
それは、Tomcatのディレクトリ構造です。



実は、
Tomcatのディレクトリ構造ってけっこう複雑なのです。


このディレクトリ構造を理解しないまま、
Servlet/JSPの開発をしてしまうと、ほとんど何も身につきません。



このディレクトリ構造を理解すると、
仕事で活用する知識となっていきます。

ちょっと苦しいし、すぐに開発にとりかかりたいところですが、
もうちょっと我慢しましょう。



ここでは、ディレクトリ構造を勉強していきます。
では、いってみましょう。


<Tomcatのルートディレクトリを確認しよう>


Tomcat を普通にインストールすると、
以下のようなディレクトリが作成されていますね。




ここで重要なディレクトリは、以下の3つのディレクトリです。
とりあえず、この3つを覚えましょう。


conf:設定ファイル
logs:ログが出力されます
webapps
最も重要、あなたのつくったプログラムを置きます


※ちなみに、次に重要なのは、binです。
bin : 実行ファイルが納められています。



他は、APIなどが納められているディレクトリです。
とりあえず無視しておいていいでしょう。


<webappsディレクトリ>


webappsが最も重要なディレクトリと言いましたね。


ここに、あなたのディレクトリをつくって、
あなたのプログラム
(ホームページで動くWEBアプリ)を配置します。



Tomcatは、webapps 配下に
ディレクトリとファイルを配置すると、

自動的に読み取って
ホームページにWEBアプリとして
反映する仕組みになっています。



その配置方法に決まりがあるだけです。
だから、その配置方法を最初に覚えてしまいましょう


では、どういった配置にすればいいのでしょうか。

tomcat には、サンプルが用意されています。
まずは、サンプルを覗いてみて慣れましょう。


皆さんも、自分自身の
webapps フォルダをクリックしてみてください。

以下の画面が出てきますね。




ここで参考にするのは、examplesです。
まずは、このディレクトリを覗いて参考にしましょう。



※余談ですが、
webapps 以外の任意の場所に
ウェブアプリのディレクトリを作成したい場合は、
conf\sever.xml を編集する必要がありますが、ここでは割愛します。

<サンプルを覗いてみよう>


では、まずはexamplesの中身をみてみましょう。



WEB-INF というディレクトリがあります。
実は、このディレクトリが特別の意味を持ちます。

さらに、WEB-INFの中をみてみましょう。




web.xml、classes、lib がありますね。


結論から言ってしまうと、WEB-INF ディレクトリで重要なのは、
classesweb.xml lib です。




web.xml:そのディレクトリ特有の設定ファイル

lib:必要なAPIを配置しておきます。
(例えばDB接続など)

classes:あなたのつくったプログラムを置きます


まずは、
この3つを意識するようにしましょう。


<サンプル画面をみる>


ファイルばかりみていても面白くありません。
上記のサンプルの画面をみておきましょう。



前回やったようにTomcat を起動し、

http://localhost:8080/にアクセスし、
Examples をクリックしましょう。




Servlets Examples をクリックしましょう。



次に、Hello WorldのExcuteをクリックしてみましょう。



Hello Worldがでてきましたね。



さて、問題は、このときのURLです。
http://localhost:8080/examples/
servlets/servlet
/HelloWorldExample



このURLは、ディレクトリで言うと、
C:\tomcat8\webapps\examples\
WEB-INF\classes\HelloWorldExample.class



と対応しています。


不思議ですけど、
URLのservlets/servletは、
ディレクトリのWEB-INF\classesと対応しているのです。



この対応の法則は
web.xmlの中で規定されているのですが、
web.xmlについては後で学習していきますね。



今回は、ディレクトリの構造と、
URLの関係がなんとなくわかればよいです。

(URLとディレクトリの関係は、
今はあまり突き詰めなくていいですからね。
徐々にわかっていきます)



<Tomcat のディレクトリ構造まとめ>


初めての方は、なんだかモヤモヤしているかと思いますが、
とりあず、以下のように覚えておきましょう。




Tomcatで一番重要なディレクトリは、webappsである。

webapps 配下にディレクトリをつくって、
あなたのアプリを配置する。


配置するときは、WEB-INFディレクトリをつくる。

WEB-INFディレクトリには、lib,web.xml,classesをつくる。



始め慣れることできませんが、使っている内に馴染んできます。
では、次のページで、実際にHelloWorldを使って馴染んでいきましょう。




PGとSE、372人の将来設計プラン・・・

緊急レポ:クラウドで伸びる人沈む人
Copyright © 2005-2017 SearchMan,All Rights Reserved.