レポ
クラウドで
伸びる人沈む人

連絡特定商取引将来設計運営方針&メルマガSEの彼女は?
成功レポート集 Fedora9インストール! EclipseでJava Oracleバックアップのアーキテクチャ ゼロからHPでCGI 便利ネット知識
無料レポ&講習 IT業界の実態 linux処方箋 Java処方箋 Oracle処方箋 Perl処方箋
Javaって何だ? J2SDKとかJ2SEとかJ2EEとか、概念をわかっておこう

<概要>


Javaを使おう」って決心しても、
初心者はけっこう戸惑うと思うのです。

J2SEとか、
J2EEとか、J2SDKとかJDK
そんな言葉がいきなり出てきて、パニックです。



これらの言葉をわかりやすく解説している参考書もないですよね。
私も随分悩み、調べましたよ。

まず、たいてい、この略称でつまづいてしまう。
とりあえずこれらを無視して進めるのも手ですが・・・



しかし、なにかすっきりしませんよね。


そこで、このページでは、
それらの
用語やJavaに関する概念
分かり易く解説していきます。



これを知っておくだけで、
後々絶対に違ってきますので。


では、いってみましょう。


<Java動かすために必要なもの>


Javaを動かすためには、
以下の4つが必要なのです。

この4つは、windows にも linux にもインストールされていません



・ソースコード
・API
・コンパイラ
・Java VM(Java Virtual Machine)



従って、これらは、自力でインストールして環境を作ります。
(これは理屈無しで覚えておくこと)



このうち、ソースコードだけは、意味がわかるよ。
という方が多いのではないでしょうか。
(実は、私もそうでした)



他の3つについて説明していきましょう


<API(J2SEやj2EE)>


J2EEとかJ2SEとか、最初わけわかりませんよね。


簡単に言うと、J2EEやJ2SEは、
APIといって、いわゆる関数群なのです。

Javaに限らず、他の言語でも関数はありますよね。
これなら理解できますよね。



大抵の言語は、その言語をインストールする(実行環境をつくる)と、
丸ごと関数もついてくるわけです。


しかし、Javaは死ぬほど関数がいっぱいあるのです。

だから、標準的なJavaの実行環境を作っても、
全部の関数が用意されているわけではないのです。

必要に応じてインストールするのです。


そのうち代表的なAPI(関数群)が、J2SEとJ2EEなのです。


この2つを簡単に説明すると、


・J2SEは、Javaを使うための最も基本的なAPI(関数)の塊です。
 
 APIという言葉が判りづらいなら、関数の塊と考えておきましょう。
 とにかく、このJ2SEが無いとJavaのAPI(関数)が使えません。



・J2EEは、Web上でJavaを使うためのちょっと高級なAPI(関数)の塊です。
 
J2EEとは、ホームページなどのWeb上で動く関数の塊と覚えておきましょう。
 J2EEが無いと、ホームページ(Web)上で、Javaを使うことができません。


こんな感じで理解しておくと、APIと言われてもピンとくると思います。
(APIは、Javaの世界では、jarファイルとも呼びます)

<実行環境とコンパイル>


上記のように、J2EEJ2SEは、
JavaのAPI(関数)群とわかりまたね。

もちろん、Javaは、API(関数)を使って
ソースコードを書くだけでは、実行できません。



Javaのプログラム実行するには、
Javaを実行する専用のソフトウェアが必要になってきます。
(これを「Java VM」といいます。)

(Java VM(Java Virtual Machine))
通常は、[Java VM]をJava実行環境と呼ぶ場合もあります。



この「Java VM」は、
WindowsやLinuxに標準でインストールされていません。

だから、「Java VM」もインストールする必要があります。


さらに、ソースコードを書いただけでは、
Java VM」で実行させることができません。

ソースコードをコンパイルして、
[Java VM]で実行できるファイル形式にする必要があります。
(コンパイルって、翻訳のことね。)



<Javaのプログラムをつくるためには>



どうでしょうか。少しは理解できたでしょうか。


Java初心者にとって、
やたらと英語の略称のような言葉が出てきて、

戸惑ってしまうと思いますが、
概念を整理して考えると簡単ですね。


概念はわかったが、なんだか面倒くさいなあと思われているのでは?
いえいえ、安心してください。



JDKというものをダウンロードしてクリックすれば、

上記4点のうち、
API、コンパイラ、JavaVMの3点がインストールされてしまうのです。


楽でしょ?


ちなみに現在のJDKのバージョンは、1.8(8.0)です。
(1.4までは、JDKのことをJ2SDKとか言っていましたので、
これがややこしさに拍車をかけている)


さらに、1.5から、5.0と言ったりしているので、
もっともっとやこしくなっている(苦笑)


とにかく現在のバージョンは、
JDK1.8(8.0)なのです。




JDKがインストールされれば、
あなたは、ソースコードを書くだけです。


ということになります。

では、まずは、JDKのインストールを行って、
HelloWorld
を動かしてみましょう。


※JDKは、APIのうち、J2SEが含まれていて、
J2EEは含まれていません。

J2EEは、後にトムキャットのところで説明していきますね。


え、まだしっくりこない?って。


あたりまえですね。
まずは習うより慣れろ。

実際に試してみましょう。
次のページで詳しく、そのやり方を説明していきます。





PGとSE、372人の将来設計プラン・・・

緊急レポ:クラウドで伸びる人沈む人
Copyright © 2005-2016 SearchMan,All Rights Reserved.